第1回 JATO x PBATS ベースボール スポーツメディスン   カンファレンスの開催について

2020年1月18日(土)、19日(日)に米国メジャーリーグ アスレティックトレーナーズ協会 (PBATS: Professional Baseball Athletic Trainers Society)の協力のもと、下記の通りベースボール スポーツメディスン カンファレンスを開催する運びとなりました。プロアマを問わず、スポーツ医学に基づく野球界のサポート向上、そしてアスレティックトレーナーの職域発展に繋がる大イベントとなっております。多くのみなさまのご参加をお待ちしています!

 

本カンファレンスでの協賛をお考えの企業・団体の皆さまはこちらのページをご覧ください。

 

名称: 第1回 ベースボール スポーツメディスン カンファレンス

主催: 一般社団法人ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構(JATO)

Professional Baseball Athletic Trainers Society (PBATS)

後援: National Athletic Trainers’ Association (NATA)

日時: 令和2年1月18日(土)・1月19日(日)

会場: 東京ミッドタウン ホール&カンファレンス ホールB

対象: 野球に関心のあるアスレティックトレーナー、医師、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師、トレーニング指導者等、またはその分野の勉強をしている学生 350名

*英語の講義は全て日本語への同時通訳が入ります。

 

お申し込み開始:令和元年10月7日から

【両日参加 早割受講料】お申込期間:10月7日~11月4日まで
・一般:25,000円
・JATO会員:20,000円
・学生:12,000円

*早期割引期間中は、両日参加の方のみお申し込みいただけます。

【両日参加 通常受講料】お申込期間:11月4日以降
・一般: 30,000円
・JATO会員:25,000円
・学生:17,000円

【1日参加 受講料】お申込期間:11月4日以降
・一般: 18,000円
・JATO会員:15,000円
・学生:10,000円

 

★今回のカンファレンスは、英語、日本語両方の講義がございます。同時通訳者が講義の通訳を行いますので、同時通訳機の必要な方はご予約が必要となります。
【同時通訳機】
・1日:1,000円
・両日:2,000円

(すべての金額は掲示金額+税10%となります。)

★U25のアスレティックトレーナーやトレーニング指導者を目指す学生の皆様。
2020年1月17日(金)はUnder 25向けのセミナーも開催予定です!乞うご期待!
(本カンファレンス受講者は、金曜日のU25受講料は無料となっております)

 

★スポンサー企業様も募集中!
第一回JATO X PBATSベースボールスポーツメディスンカンファレンスの協賛企業様も募集いたしております。詳細はこちらのページをご覧ください。協賛企業特典やお申し込み書類などの資料をご希望の方は、sponsorship@jato-trainer.orgまでお問い合わせください。

 


第1回JATOxPBATS ベースボールスポーツメディスンカンファレンス 講師略歴

 

菅谷啓之(すがや ひろゆき)

医学博士

日本整形外科学会専門医

日本体育協会公認スポーツドクター

PMDA専門委員

 

<現職>

船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター長

米国ハワイ大学医学部客員教授

東京女子医大整形外科客員教授

千葉大学整形外科臨床教授

 

<学歴・経歴>

1987年3月,千葉大学医学部卒業

1987年4月,千葉大学付属病院整形外科研修医

1993年4月,千葉大学付属病院整形外科医員

1996年10月,Research Fellow, Orthopaedic Research Lab, West Palm Beach, FL, USA

1997年1月,川崎製鉄健康保険組合千葉病院整形外科

2002年4月,船橋整形外科スポーツ医学センター 肩関節肘関節外科部長

2011年12月,米国ハワイ大学医学部客員教授(現職)

2013年4月,船橋整形外科病院 肩関節・肘関節センター長

2015年4月,東京女子医大整形外科客員教授(現職)

2016年5月,船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター長(現職)

2018年4月,千葉大学整形外科臨床教授(現職)

 

<専門>

肩関節鏡視下手術,肘関節鏡視下手術,肩関節・肘関節外科,スポーツ整形外科

 

<プロフィール>

年間肩肘手術900件,年間外来診察12000名以上をこなし,多くのプロ野球選手やオリンピック選手などのトップアスリートから一般患者まで広く診療する.ハイレベルな理学療法と関節鏡手術を駆使して,スポーツ選手の場合は如何に最短かつ最高の状態で現場に戻すかを,一般患者の場合は置かれた状況を踏まえて如何にニーズにこたえて日常生活に復帰させるかを常に第一義として診療を行っている.学術面では,JBJS American Volume 論文9編をはじめ英文著書論文約70編,日本語著書論文は250編を超える.また,例年国内外での講演を多数行い,2017年10月には第44回日本肩関節学会を主催した.

 

菅谷先生よりお知らせ

第2回APACSES(アジアパシフィック肩肘シンポジウム)~日米ベースボールスポーツメディスンミーティング

http://www2.issjp.com/apses2019/en/index.html

 

*その他の日本国内からのスピーカーは近日中に発表予定です。

 

Ron Porterfield,  ATC

 

ロスアンジェルス ドジャース プレーヤーヘルス ディレクター

PBATS会長

 

Ron Porterfield, 54, is entering his second year as Director of Player Health with the Los Angeles Dodgers after serving the previous twelve years as the Head Athletic Trainer for the Tampa Bay Rays, and three years as the Assistant Athletic Trainer before that. Prior to his move to the Major Leagues, Porterfield spent 15 years in the Minor Leagues. From 1988 to 1996, he worked his way through the ranks of the Houston Astros organization. During this time, Porterfield served as an athletic trainer for teams in Auburn, N.Y.; Kissimmee, Fl.; Columbus, Ga.; Jackson, Miss.; and Tucson, Ariz. In 1997, Porterfield was hired by the Tampa Bay Rays to serve as their Minor League medical and rehabilitation coordinator until he was promoted to the Major League club. A Santa Fe, N.M., native, Porterfield is a certified member of the NATA. In 2013 was honored to work the Major League All Star Game in New York. In 2009, Porterfield shared honors with Paul Harker and Nick Paparesta as “Major League Athletic Training Staff of the Year. In 2005, Porterfield shared honors with Ken Crenshaw as “Major League Athletic Training Staff of the Year,” in 1992, Porterfield was named the Texas League Athletic Trainer of the Year, and in 1991 and 1992 he served as an athletic trainer for Magallanes in Valencia, Venezuela. Porterfield and his wife Barbara live in Peoria, AZ., with their children, Alec (22) and Abbey (19).

 

 

Rick Griffin,  ATC

 

シアトル マリナーズ 名誉アスレティックトレーナー

PBATS国際委員会会長

 

Rick “Griff” Griffin, 63 began his career in sports medicine as a teacher/athletic trainer at Winston Churchill High School in Eugene, Ore. in 1977. A native of Brigham City, Utah, Griffin moved to professional baseball in 1978 when he became an athletic trainer for the Eugene Emeralds, a Cincinnati Reds Minor League affiliate. In 1981, Griffin became a full-time athletic trainer for the Seattle-based Sports Medicine Clinic, before accepting the position of head athletic trainer for the Seattle Mariners in 1983. In August of 2017 Griffin worked his 5,500th game for the Mariners. A member of the NATA whose involvement includes JATO/PBATS liaison and incoming Chairman of the NATA Hall of Fame Committee.

He is also a member of the ACSM, and the NWATS, Griffin served as PBATS American League Athletic Trainer Representative from 1989-95, and worked at the MLB All-Star games in 1987, 1995, 2001, and 2010. He toured Japan with the Major League All-Stars in 1996 and has lectured in Japan in 1994, 1995, 1998, 2000-2002, 2014-2018. Griffin provides health care to the Montana Pro Rodeo Circuit Finals and is an avid hunter and fisherman. He lives in Bothell, Washington with his wife Rachel.

 

Jamie Reed,  ATC

 

テキサス レンジャース メディカルオペレーション ディレクター

 

Jamie Reed, 58, is entering his 16th season with the Texas Rangers organization. From 1997 to 2002, Reed was head athletic trainer for the Tampa Bay Devil Rays. He also was the assistant athletic trainer for the Baltimore Orioles from 1989 to 1996. While at the Orioles, Reed shared “Major League Baseball Athletic Training Staff of the Year” honors in 1995 with Richie Bancells. Prior to his Major League appointment in 1989, Reed spent seven seasons in the Orioles’ Minor League system with teams in Bluefield (Rookie League), Hagerstown (Class A), Charlotte (Class AA) and Rochester (Class AAA). Reed is a former American League assistant athletic trainer representative on the PBATS Executive Committee. He spoke at MLB’s 1999 Rookie Development Program. 

In December 2003 Reed traveled to Japan to address the Japanese Professional Baseball Athletics Trainers Society (JPBATS). He also served as one of the athletic trainers for the 2006 Japan All-Star trip. He has been selected as American League All-Star athletic trainer for both the 2000 and 2008 teams. In December 2001, he was selected by his peers as the new president of PBATS, and was re-elected to the position in 2003 and again in 2005. He also served on the Board as Immediate Past President until 2013. A native of Annapolis, MD., Reed served as athletic trainer for the U.S. Naval Academy’s football and basketball teams from 1982 to 1984, and again in 1988.Reed co-chairs the Red Romo Scholarship that provides the expenses to pay for an extra athletic trainer for the Naval Academy Sports Program. Reed lives in Grand Prairie, Texas, with his wife Jean. They have three children and seven grandchildren that all live in Texas.

 

 

Matt Toth,  ATC

 

シアトル アシスタント アスレティックトレーナー

 

Matt Toth begins his eighth year with the Major League Medical Staff after spending 10 years in the minor leagues. A Cleveland, Ohio native, Toth began his baseball career as a certified athletic trainer with the Mesa Cubs, the rookie ball affiliate of the Chicago Cubs in 2001. Toth also spent time with the Milwaukee Brewers and also worked at Oregon State University as the Baseball/Football Athletic trainer before joining the Seattle Mariners in 2006. 

Since joining the Mariners, Matt has spent six seasons between Inland Empire (2006), High Desert (2007), Wisconsin (2008), and Jackson (2009-2011). Toth was named the 2011 Southern League Athletic Trainer of the Year. Matt is a certified member of the NATA, as well as a certified strength and conditioning specialist and a corrective exercise specialist through NASM. Currently, Matt resides in Issaquah, WA with his wife Annie, son Alex, and daughter Ellie.


第1回 JATOxPBATSベースボールスポーツメディシンカンファレンス実行委員会:

 

委員長: 上松 大輔(JATO会長・株式会社Function代表) PhD. ATC.

Ron Porterfield (Los Angeles Dodgers Player Health Director/PBATS President)

副委員長: 佐々木 健次(JATO副会長・Conditioning Center HOUSE代表) ATC.

Rick Griffin (Seattle Mariners, Athletic Trainer, Emeritus, Chairman of PBATS International Committee)

 

実行委員:

石塚 利光 MS, ATC, 一般財団法人日本コアコンディショニング協会

中新井田 敦子 PhD, ATC, 順天堂大学スポーツ健康科学部

服部 美幸 Med, ATC, JSPO-AT, 株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム

松本 秀樹 MS, ATC, PES, 立命館大学ラグビー部

辻 直幸 ATC, CSCS, JATO事務局長 ・ 株式会社 国際スポーツ医科学研究所

小林 義樹 MS, ATC, 株式会社Enjoydream Holdings

宮崎 喬平 ATC, PT, CSCS, 大阪回生病院 ・ 一般社団法人 MSEP

中務 正幸 ATC, 株式会社エヌディエス ・ ジム&スタジオNeeDS

大貫 崇 MS, ATC, PRT, PRI Japan / 大阪大学大学院

木戸 陽介 MS, ATC, DeNAベイスターズ

木幡 裕美 MS, ATC, 立命館大学

小澤 奈央 MS, ATC, Major League Baseball China

門田 大祐 RPT, ATC, 木村整形外科医院 ・ (一社) 運動発達支援研究センター

栁澤 昂夢 MS, ATC, CES, 八王子スポーツ整形外科メディカルフィットネス

工藤 洋子 ATC, 日立ハイテク クーガーズ

山本 邦子 PhD, ATC, 有限会社トータルらいふけあ取締役 ・ Kyoto MBM Labo