第1回 JATO日本人ATCリレー形式紹介企画

皆さん、お元気ですか?

 

1996613日に、フロリダ州オーランドで行なわれた第47NATA年次総会の会場に程近いピーボディホテルにおいて賛同者48名にてJATO設立総会を開催してから、早20年が過ぎました。現在、日本においてアスレティックトレーナーの存在がクローズアップされ、JATOとしても果たす役割が益々増えてきているのではないかと思っております。

そこで、この度、JATO広報では、毎月15日にJATO会員の活躍をリレー形式紹介企画として、世界各国で活躍しているメンバーをFacebookHomepage (Blog)で紹介することになりました。

 

トップバッターとして、”JATO”の産みの親であり、日本人ATC1号である、鹿倉二郎さんに登場して頂きましたので、是非、お楽しみ下さい!!

 

JATO広報委員 武井敦彦、石塚利光

 

 

---ATCになろうとしたきっかけを教えて下さい---

 

「早稲田大学米式蹴球部(アメリカンフットボール部)の主務をしているときに、ユタ州立大学のアメリカンフットボールチームが来日し、関東学生選抜チームと国立競技場で親善試合が行なわれました。当時関東学生アメリカンフットボール協会(連盟)の学連委員としても活動していた関係でユタ州立大学チームを担当しました。実際には連絡係としての活動でしたが、この時初めて練習時、試合前、試合中のアスレティックトレーナーの活動を目にしました。今では社会人、大学、高校のアメリカンフットボールチームの多くにアスレティックトレーナーがついていますが、当時(1971年)はその存在すら誰も知りませんでした。その翌年度にはハワイ大学のアメリカンフットボールチームが来日し、再度アスレティックトレーナーの活動に接し、大いに興味を持ったのがきっかけです。また、この当時アメリカンフットボールによる死亡事故が数件あり、これもきっかけとなりました。

大学卒業後、アスレティッククラブ(現在のフィットネスクラブとほぼ同じ)で活動するトレーナーについて調べたり、日本体育協会のスポーツトレーナー資格(その後コーチ資格に移行)について調べたりしましたが、ユタ州立大学のアスレティックトレーナーとは活動内容が異なることから、留学することを決意しました。」

 

---学生時代の一番の思い出は何でしょうか?---

 

「早稲田大学米式蹴球部に所属していたため、非公式ながらローズボウルサイドラインに立てたことが一番の思い出です。この試合は日本でも放映されました。残念ながらUSCに負けてしまいました。」

 

---現在の仕事内容を教えて下さい---

 

20163月までは順天堂大学スポーツ健康科学部の専任教員としてアスレティックトレーナー教育に携わっていました。現在は同じく順天堂大学にてアスレティックトレーナー関連の専門科目を3つ担当する傍ら、今年4月に新しく出来たアスレティックトレーニングルームで学生トレーナーの指導にあたっています。また、早稲田大学の非常勤講師としてテーピング授業を行なうとともに、東伏見にあるスポーツ医科学クリニック(月曜日)も担当しています。スポーツ現場での活動としては、アメリカンフットボールXリーグ(X1)所属チームのアスレティックトレーナーを務めています。」

 

---現在の1日の流れを教えて下さい---

 

「月曜日は早稲田大学にて午後に2コマ授業を行ない、その後医科学クリニックにて活動しています。火曜日から金曜日までは順天堂大学で授業とトレーニングルームでの活動を行なっています(実質的なトレーニングルームでの活動は今月から)。アメリカンフットボールチームでの活動は主に試合時です。」

 

---鹿倉さんにとってJATOとはどのような存在でしょうか?---

 

ATCの存在を世の中にアピールするために欠かすことのできない組織だと思っています。また、仲間(日本人ATC)と会える場だと思っています。」

 

---JATOに加入するメリットを教えて下さい---

 

「個人的にはJATOから何かメリットを得ようとしてJATOを設立し、加入した訳ではないですが、結果としてシンポジウムに参加しCEUを得られることです。また、シンポジウムなどで他の日本人ATCから様々な情報を得られることです。」

 

---これからATCを目指している学生にメッセージをお願いします---

 

「とにかくアメリカで学べることは何でも貪欲に学んでくることが大切です。また、日本人らしい気遣いを持って丁寧な仕事をするようにして下さい。」

 

鹿倉さん、お忙しい中丁寧にお答え頂きありがとうございました!! 改めて鹿倉さんのご尽力のお陰で、日本におけるアスレティックトレーナーの発展があり、今こうしてJATOが活動出来ていると再認識することが出来ました。

 

来月号のゲストは、鹿倉さんから“とびっきり元気の良い方”を紹介して頂いておりますので、楽しみにしていて下さい!!